スポンサーサイト

2014.03.24 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    内野守備上達革命と少年野球 ゴロの捕り方

    2014.03.24 Monday

    0

      試合では、子供の守備位置にボールが飛んでこないことを祈るばかりで、とにかくエラーが多くて目も当てられない状態だったとしても、
      苦手なプレーなんかすぐに克服することができ、フィールドに自分の絶対領域ができたかのように安定した守備力を発揮できるようになる方法がこちら




      あなたのお子さんも、↓のような悩みのせいで、せっかくの楽しい時間を、苦々しい気分で過ごす羽目になっていたりしないでしょうか??


      大事な試合に自分のせいで負けてしまった

      速いボールを捕球できない

      子供がエラーばかりしているのが可哀想

      ランダンプレーが苦手



      プレーが上手い人と下手な人を比べると、数えきれないほどの差があることが分かってくるものの、決定的な違いを一つ上げるならば、プレーをちょっと変えたときにどんな効果があるのか?というのを野球が上手な人は常に試行錯誤を繰り返している点が挙げられます。


      いつも同じようなプレーをしているように見えて、ドンドン上達していく人というのは、日々のちょっとした工夫が普通の人よりも多いケースが多く、こうした日々の積み重ねが数か月、数年単位で大きな実力差を生み出す要因となっています。


      野球がもっとうまくなりたいと思ったら、今すぐにでもいつもの練習でいろんなプレーを試してみることをお勧めしますが、練習時間は1分だって無駄にしたくはないのは、誰だって同じです。


      新しいことにチャレンジしたとしても、それが次々と失敗に終わってしまったら、モチベーションを下げることになってしまい、野球を続けること自体が嫌になってしまう可能性がありますが、少なくとも清家政和さんの内野守備・上達革命があれば、

      野球の上手い人たちに共通している体の動かし方やプレーのコツだけをてっとり早く学んでいけるようになっています。



      清家政和さんとはちなみに、西武ライオンズで現役のプロ野球選手として活躍し、その後は、西武ライオンズ・楽天イーグルスなどで守備コーチなどを歴任していた内野守備コーチで、現在は少年野球から社会人野球まで、幅広い世代へ野球教室を開いています。


      ちなみに、プロ野球選手というのは、現役時代にきちんと自分のファンを作ることができなかった人に関しては、

      現役引退後は表舞台からすっかり姿を消してしまい、第2の人生を何をしているの全く分からない状態になってしまう人がたくさんいます。


      そんな中で、清家政和さんのように、チームのコーチとして第2の人生をスタートさせるのは非常にまれなケースで、彼の守備力並びに守備のコーチング技術がプロ野球球団から見ても、一流だと認められている証拠です。




      ただ勘違いしてはいけないのは、プロ野球選手相手の指導だからと言って、特別に高度なテクニックやノウハウを指導するわけではなく、教えている内容なんて、少年野球にも通じるような、ごく基本的なことばかりだったりします。


      足の踏み出し方をどうするのかとか、グラブの角度をどうするのかなど、ほんのちょっとの改善が、プレーの質を劇的に高める効果を秘めており、

      清家政和さんの内野守備・上達革命では、彼が持っているノウハウの中でも、特に少年野球〜中学野球くらいのレベルで、特に身に着けておいてもらいたい練習法やテクニックが紹介されています。



      プロも実践している練習法も数多く紹介されている清家政和さんの内野守備・上達革命で内野手との連携をスムーズにするコツについてこちらでも詳しく紹介しています。



      視力回復 福辻式 口コミ評判
      東大式IT記憶システム hyper e-memoria


      1